エラの悩みを解決!【ボトックスでエラの膨張を下げられる】

自然な仕上がりで大人気

顔に触れる女性

その原理と留意点をご紹介

気になるほど角張ったエラは、咬筋の力こぶが原因であることも多く、その場合ならボトックスを注射するだけで小顔に改善できます。術後は総じて噛む力が下がるため、良く噛まないと飲み込めないような食事は避けてください。これは嚥下的な注意ポイントでもありますが、必要以上にアゴを使いますと、せっかくの小顔効果が長持ちしなくなる傾向があるからです。逆に考えれば、ネバネバやモチモチした食感などを含め、歯応えのある食事に気をつけることで治療効果がアップし、持続性の向上にもつながります。そして、ボトックスのポテンシャルを少しでも高めるため、術後は患部を押したり、蒸しタオルなどをエラに当てたりしないようにしてください。特にボトックスがエラに馴染む前に押し込んだり、洗顔やメイクオフ時に強く擦ったりすれば、周辺へと拡散して効果が落ちてしまうのです。また、ボトックスはボツリヌストキシンというタンパク質からできているので、それほど熱に強い薬ではありません。輸送中や美容整形クリニックで保管する際も、常温保存だと劣化することから低温管理が大原則となっています。熱々の蒸しタオルなどは大敵とも呼べるため、ボトックスが効き目を発揮している間は控えるようにしましょう。膨張した筋肉がエラに厚みを与えている状況なら、素晴らしい小顔効果を望めるのがボトックスの魅力です。その効果は主成分であるボツリヌストキシンがもたらしてくれるものであり、アセチルコリンが神経末端から遊離するのを防ぐことで実現しています。原則的に、筋肉は脳の指示通りに動きますが、神経組織を伝ってくる命令を、実際に筋肉へ届けているのがアセチルコリンです。それ故この物質が神経から遊離しなければ、脳がいくら命令を出しても指示が届かず、筋肉は微動だにしません。エラにボトックスを打てば咬筋でこの現象が起きるので、噛む力が弱まるという仕組みです。シワ取り目的のボトックス治療ならこれで美容効果は完結しますが、小顔治療ではここから先が本番となります。ボツリヌストキシンの効果で動きを封じられた咬筋は、ある程度現状を維持した後、一定期間経てば目に見えて細くなり始めるのです。これは使用頻度が減ることで起きる廃用性萎縮効果と呼ばれる現象であり、この効果こそ、ボトックスでエラの膨張を下げられる理由になっています。つまり、薬の作用は結果的にエラを小さくしているだけで厳密には関わっておらず、小顔へと推移させる真の原因は自然現象にほかなりません。そのため、ボトックスを用いた治療は自然な感じの小顔を目指せることで定評がある訳です。

顔に触れる女性

負担の軽い整形手術

見た目を変えられるボトックスエラの施術は人気ですが、実際に受ける時は正規の製品が使われているか確認がいります。施術を受ける前に医師と話し合いをするので、どういう形で行われるか理解してから治療を受けられます。

注射器

顔の大きさの原因を確認

ボトックスエラは筋肉のみに作用を出すことができるので、顔が大きく見えている原因をはっきりとさせてから施術を受けることが大切です。またカウンセリングを受けてから申し込みを行うので施術を受ける場所は慎重に決めましょう。

医者と看護師

基本的を理解する

エラを解消させるためには、ボツリヌス菌が含まれているボトックス注射が効果的になります。この方法で、筋肉を弱めることができ結果的にエラを解除することができるでしょう。クリニックの選び方は、患者の話しを十分に聞いてくれるところがよいです。

注射器

安い料金ですむ整形手術

エラの部分にボトックス注射をすると小顔に変えられますが、クリニックで施術を受ける時の費用は数万円程度ですみます。ボトックス注射の特徴としては治療にかかる時間が短く、費用が比較的安いので人気を得ています。

Copyright© 2019 エラの悩みを解決!【ボトックスでエラの膨張を下げられる】 All Rights Reserved.