エラの悩みを解決!【ボトックスでエラの膨張を下げられる】

基本的を理解する

医者と看護師

基礎知識と選ぶ基準

エラが出て顔が大きく見える場合には、骨が発達している場合と筋肉が発達している場合が考えられます。一般的には、あごの骨の部分が横に出ているため顔が大きいと見られがちですが、確かにそのような人がいるもののたいていの場合咬筋と呼ばれる筋肉が発達していることが原因なわけです。裏を返せば、この筋肉を縮小させることによりエラを目立たなくすることが可能になります。その方法の一つが、ボトックス注射を行うことです。ボトックス注射がどのように働くかといえば、注射の中に含まれているボツリヌス菌と呼ばれる中毒性の高い菌が含まれておりこれは筋肉の働きを弱体化させる役割があります。そうだとすれば、その部分に注射をすることで筋肉の働きを弱めて発達を抑えることができます。その上、筋肉の縮小をすることができるため結果的にボトックスによりエラが目立たなくなるという流れが出来ます。注射といえば、痛みを伴うと感じている人もいるかもしれません。確かに全く痛くないわけではありませんがそれほどつらい痛みなどはまずありません。整形の技術も日々進化しており、より安全にそしてより痛みを伴わない安心できる施術方法が利用されているのが特徴です。痛みがあるとしても、インフルエンザの注射程度になりますのでほとんど気にならない程度になります。ボトックスを注射することにより、エラを小さくすることは可能になりますが、だからと言って自分でエラの部分に注射をするわけにはいきません。この場合には、医療の資格を持っている医者にボトックス注射をしてもらうのが一番になります。どこのクリニックがよいのかが問題になりますが、その判断基準の一つとしてはこちらの要望がしっかり伝わるかどうかになります。最近は、病院の方でもしっかりと患者さんの話しを聞くような姿勢ができていますが、かつてはそのようなクリニックは少なくたいていの場合そこまで説明されないまま施術が始まったわけです。残念なことに、いまだに患者に対して十分に説明をしないところもありますので避けるべきです。カウンセリングを行う場合にはまだ契約の前の段階ですので、こちらの話しを担当者がきいてくれないとすれば別のクリニックにするべきでしょう。間違えて契約してしまうと、後で後悔することになりかねません。逆に、十分なまでに話しを聞いてくれわからないところがなくなるまで付き合ってくれるような先生ならば安心することができます。後は、担当医の実績をよく確認しておきましょう。ホームページに載っている先生とまた違う先生が担当する場合がありますのでそのときはあらかじめ指名することができるクリニックもあります。

Copyright© 2019 エラの悩みを解決!【ボトックスでエラの膨張を下げられる】 All Rights Reserved.